stage Y's 一級建築士事務所 home  profile  concept  works  contact  what's new  link  stage's
YUKI TAKEZAWA ARCHITECT & ASSOCIATES
わが家の地盤は大丈夫?
 OPEN OFFICE  これから家を建てる人のための基礎講座
 家づくりの流れ  わが家の地盤は大丈夫?
 Q&A よくあるご質問  ガスと電気 どっちが得?
  プ ラ ン 作 成  快適な住まいのための10ヵ条

☆地盤調査って何?  ☆地盤が悪かったらどうすればいいの?   ☆家の基礎は地盤調査の結果で決まるの? 

地盤調査とは?

土の強さは目には見えません。
せっかく建てた家が不同沈下によって傾いたりしない為に、家を建てる前に地盤の強さを知ることはとても大切なことです。

地盤調査では、地層・地下水の状態、地質の性状を調査して、建物の設計や施工に必要な資料を集めます。
その結果によって、建物と地盤に合った基礎を選びます。

一般的に、
硬い地盤が良い地盤となり、弱い地盤が悪い地盤となります。もしも地盤が弱かった場合は、建てた後の
事故を防ぐため、地盤改良が必要になります。



地盤調査がどういうものか、自分の土地がどんな地盤なのか、知りましょう!
地盤調査の内容 どんなことを調べるかを知りましょう
地盤調査機器を使った試験の種類 機械を使った地盤調査にはどんな種類があるか知りましょう
N値 「N値」とは何かを知りましょう
地層 どんな地層があるか知りましょう
自分でできる地盤調査 弱い地盤かどうか、自分で予測してみましょう
地盤用語説明 地盤に関する用語の説明です

■ 地盤調査の内容

地盤調査では次のことを調べます。
地盤の構成・性質 どんな土質によって構成されているか、どんな性質かを調べます。
各層の土質の硬さ 土の種類によって全く性質が異なるので、建物を支える力も土の種類によって変わります。
地下障害物
(ガス・水道管など)
地下の状態を知っておくことは基礎工事を行うときに重要になります。
しかし水位は、調査の時期によって多少変わるので、どの時期に調査が行われたかを知っておきましょう。
地下水の水位・水量
地盤の支持力・沈下量 建物の重さに耐えられる地盤かどうか、建物に悪影響を及ぼさない程度の沈下量かどうかを調べます。
▲ページtop 

支持力
■ 地盤調査機器を使った試験の種類

どの調査方法にするかは、地形や土地の形状、コストなどによっても変わってきます。
ここでは一般的な調査機器について説明します。
調査の種類 試験内容 特徴
長所 短所
サウンディング
(スウェーデン式サウンディング試験)
地盤の硬さ、締り具合、または土層の構成を調査する試験 ・調査費用が安い
・比較的簡単にできる
・試験結果をN値に換算できる
・深度毎にデータがとれる
・土を採取できないので詳しい土層がわからない
・土の中にガラなどあると困難
標準貫入試験 地盤の強さ(N値)・硬さ・密度を調べる試験 ・地盤の強度がわかる
・地下水位がわかる
・採取した土から土層がわかる
・深い深度まで調査できる
・作業スペースが大きい
・費用が高額
・打撃により作業音が生じる
平板載荷試験 地耐力を求める試験  ・地盤の支持力・沈下量を直接測定できる ・作業スペースが大きい
・費用が高額
スウェーデン式サウンディング試験 ■ スウェーデン式サウンディング試験


サウンディングの代表的なものは3種類ありますが、スウェーデン式貫入試験が一般的によく使われます。

ロッドに25kgのおもりを25kg、50kg、75kg、100kgと、4回に分けて載せ、どのくらい地面に貫入したかを測定します。 次に、100kgのおもりを載せたままハンドルを回転し、25cmずつ貫入します。 100cmの深さまでの半回転数を測定し、換算N値(地盤の強さ)を示します。

標準貫入試験 ■ 標準貫入試験


長さ81cmの試料採取用のサンプラーをボーリングロッドの先に取り付け、高さ75cmのところから、重さ63.5kgのハンマーを落として打撃を加え、30cm貫入するのに要した打撃回数をN値として土の締り具合を測定します。 また、同時に土のサンプルを採ることもできます。

平板載荷試験 ■ 平板載荷試験


直径30cmの円形の載荷板を敷地の基礎底面に置き、上から荷重をかけて沈下量を測定します。荷重と沈下量の関係から地耐力を求めます。
▲ページtop 

■ N値

N値とは、地盤の固さを示す数値です。

標準貫入試験によって測定できます。打撃回数が地盤の強度を表す指標となります。

N値から、地盤を構成する土質の種類や、深さ方向の強度変化、硬い地盤、軟弱地盤などが推定できます。

一般的に、
砂質地盤ではN値が30以上あれば密度が高く、20程度で中くらい、10以下はゆるくなります。
しかし、
粘土質地盤ではN値が10以上あれば硬く、5程度で中くらい、2以下ではやわらかいとみなされます。

砂質地盤 粘土質地盤
N値 状態 N値 状態
   < 4  非常にゆるい    < 2  非常に軟らかい
 4〜10  ゆるい   2〜4  軟らかい
10〜30  普通(中くらい)   4〜8  普通(中くらい)
30〜50  密  8〜15  硬い
50 <  非常に密 15〜30  非常に硬い
    30 <  固結

換算N値

標準貫入試験によって得られたN値と区別するために、スウェーデン式サウンディング試験の結果から導かれたものを 換算N値 といいます。ロッドが土の中に貫入していく摩擦抵抗をN値に換算する計算式です。
▲ページtop 

■ 地層

地盤は長い年月をかけて堆積された土の層で構成されていて、 第三紀層 洪積層 沖積層 に分かれていてそれぞれ性質が
異なります。 古い年数地層のものほど
地盤は硬く、新しい年数のものほど地盤は軟らかくなっています。
年数 地層 特徴 構成
5000万年〜 第三紀層 岩盤で最も信頼できます 締った砂
100万年〜 洪積(こうせき)層 硬い地盤で信頼できる良質な地盤 砂利層・砂層
密な粘土層
ローム層
1万年〜 沖積(ちゅうせき)層 比較的軟弱な地盤 薄い砂利層
密ではない粘土層
5000年〜現世 表土 地耐力はあまりありません  

地層の構成

▲ページtop 

■ 自分でできる地盤調査

土地が軟弱地盤かどうか、ある程度自分で予想ができることもあります。


まず、
水に関する言葉が付いている地名のところは、悪い地盤の可能性もあるそうです。
また、土地の周辺を歩いて、次の項目に当てはまるところがあれば、軟弱地盤の可能性もあります。
軟弱地盤の可能性がある土地
近くに水路(川・池など)
または
水田がある
川、水路があるか
塀や擁壁、電柱が
傾いている
塀、擁壁、電柱が傾いているか
地面や道路に波打ち
ひび割れがある
波打ち、ひび割れがあるか
周辺の建物の塀や壁に
ひび割れ
がある
ひび割れがあるか
土地の周辺が昔、海だった 海だったか

役所の建築指導課で、近隣の地盤調査資料を見せてもらうこともできるので、自分の土地の地盤を把握してみましょう。
▲ページtop 

■ 地盤用語

不同沈下 地盤が沈下して建物が傾いていくこと
地盤が弱く、建物の重さを支えきれなくなったときに起こります。
地盤改良 弱い地盤を改良して地盤を強くすること
状況に応じて改良方法も変わります。
支持力 荷重がかかっても地盤が壊れずに支持できる力
支持層 基礎から伝わる荷重に耐えられる地層
地耐力 地盤の強さ
地盤1uで何tの重さを支えられるかを示します。数値が大きければ大きい程重い重量に耐えることができます。
軟弱地盤 建物の重さを支えきれない弱い地盤(地質)のこと
▲ページtop 

stage Y's (ステージワイズ) 一級建築士事務所     
岡山県岡山市北区舟橋町2-24 〒700-0841
tel: 086-803-5125 fax: 086-803-5126


トップページ  プロフィール  コンセプト  施工事例  お問い合わせ  新着情報  リンク  愛犬家住宅